« 夏休み(その1) | トップページ | 夏休み(その3) »

2008年8月13日 (水)

夏休み(その2)

 今日(8/8)は、午前中にペンションから近い『番所大滝』の散策。午後は、あたしはAndyと乗鞍昼クライム。家族は『一之瀬園地』で散策。その後合流して『3本滝』の散策の予定。

 その前にちょっくら乗鞍高原をチャリで試走しようとお出かけしてみました。とりあえず帰りが登り坂になるのは嫌なので、観光センターまで登ってみることに、、、
 ペンションの前はいきなり10%の登り。
Img_1869_35

 まあこれは50mくらいしかないのと、走り始めということもあり大したことないのですけどね。でも結局、観光センターまでは数キロの登り。そのまま行けば乗鞍。20数キロずっと登りっぱなし。(^_^;) 途中、ペンションから2.5km付近に斜度がきつく長い坂があり、ここが結構脚に来ました。
 登っていると、なんだか膝に違和感が出てくる。そのうちに痛みに変わったので、観光センター手前でUターンし戻って来ました。朝食のときにAndyに打ち明けるが、
『回転で行けば大丈夫ですよ!痛くなったら下ってくれば良いだけですしね。帰って来れますよ!』
 折角ここまで来たのだし予定通り登ることに決定。

 最初の散策ポイント『番所大滝』はペンションから徒歩2~3分と超近い。

Img_1859_35

Img_1852_35
↑思ったよりは大きく迫力がありました。写真はシャッタースピードを遅くしてちょっと凝った出来上がりにしてみました。

Img_1841_35
↑滝壺には行けないのですが、軽く水遊びできるポイントがあり、降りて行くととっても涼しいんです。子供たちも大喜びでした。

Img_1843_35
↑見事な渓谷。ここで昼寝でもしたらさぞかし気持ちいいのだろうなぁ

 さて12時30分。観光センターで準備をしているとAndyがやってくる。『なるべく軽くして行ったほうが良いですよ!』とAndy。なので、空気入れ、パンク修理セット、チューブ、携帯工具はAndyが持ってるので自分の分は置いていく。さらにボトルと補給食のバナナまでAndyに持って貰い、自分はなるべく身軽になるようにする。まあこれでも登り切れるかどうか不安なんですけどね。。。。。

Img_1815_35

↑これから登る乗鞍。中央の尖がっている山が『剣ケ峰』です。

実は、今回はこの乗鞍ヒルクライムのために奮発してパーツの交換をして来ました。

①クランクをコンパクトクランク(50/34)に交換
Img_1526_35

②スプロケットを 12-25⇒12-27 に交換
Img_1527_35

③ホイールを WH-R550⇒WH-7850-SL に交換(約-400g)
Img_1525_35

この装備で登れなかったらもう、言い訳のしようがない状態です。頑張るゾー!!

 12時45分くらいに出発。出だしの心拍数は150くらいなのだけど息が切れる。膝は大丈夫。この時Andyの心拍数は100くらいだったようで、もう余裕の表情です。
 『善五郎の滝』、『休暇村』、『東大ヒュッテ口』と淡々と登り、標高1800mの『三本滝』を通過し車両規制区間に突入。山頂まではあと標高900m。まだ膝は大丈夫。ここらあたりから斜度のきつい所はつらくなり始める。

 斜度のきついところでは心拍数が170を超え、息切れしかなり辛い。そんな中でも緩い所でゆっくり走り息を整える。すると心拍数は150以下に下がって随分と楽になる。この調子ならまだ行ける。

 『冷泉小屋前』、『位ヶ原山荘前』 と順調に登り、気がつくと2300mを超えた。これからつらくなるらしい。昨年のレースの時は宮崎さんはこの『位ヶ原山荘前』の激坂でアタックをかけぶっちぎりで優勝したのだとAndyが教えてくれた。アタックなんて考えたくもないような激坂でしたよ。。。。。

 『位ヶ原山荘前』を過ぎると、斜度が高くなりいよいよつらくなり始める。Andyに励まされながらなんとかかんとか登る。
 時々、34-27でケイデンスが40。他人から見ればきっと 殆ど前に進まない状態 なんだろうな。
 そんなあたしを尻目にAndyはコーナーではイン側の斜度のキツい所をわざわざ走っている。聞いてみると心拍数は110。どうもLSDにもなっていないらしい。(いや~すごいよAndy)

 とうとう大雪渓が見えた。思わず『大雪渓だ!!』と声を出していた。あともう少し。でもヘロヘロ。蛇行しながら登る。早くゴールしたいという気持から思わずペダリングに力が入る。
 ラスト50m。ギアを4枚かけアタック!不意をつかれたAndyは対応が遅れる。もう最後の力を振り絞る。結局そのままゴール!Andyが花を持たせてくれた。

 万歳~!!!本当のところ登り切れると思ってませんでしたから。嬉しさ一塩です。

 タイム2:03:23
 距 離20.8km
 ave10.1km/h

 残念ながら写真をとる余裕がなく、昨日とった写真ですけど、、、、

Img_1786_35

↑わかりにくいかもしれませんが、写真のほぼ中央付近に『位ヶ原山荘』が写っています。いや~こんなに登ってきたんですね。改めて感動っす。

 勝因は、コンパクトクランク、12-27カセット、軽量ホイール でしょうね。

 15:00。あたしがドライブインでソフトクリームを食べているとAndyがそわそわしている。どうもバイトに16:00から復帰しなければならないらしい。

 そんなわけでダッシュで降りる。途中バスにフタをされ、抜くに抜けない状態が続くが、上手くかわし前に出る。

 Andyは下りも早かったです。わたし千切られました。あとで聞いたら、ちゃんと16時始業にまにあったそうです。しかも、しっかりご飯を食べたと。。。。。残念ながらお風呂には入れなかったらしいけど。。。。ごめんね。Andy。でも、ありがとうね。ホント良かったです。

 さて、観光センターで家族と待ち合わせて、一旦ペンションに戻りお風呂に入りチェックアウト。これはママさんのご厚意。ほんと有難かった~。しかも、朝食のときに出してくれたジャムまでお土産に頂いちゃいました。重ね重ねありがとうございました。来年も是非お願いしたいです。

 本日最後の散策。『3本滝』へ。 

Img_1876_35

Img_1885_35

 さてさて、駐車場に戻ってみると閑散としてる、、、、というかうちらしかいないようです。

Img_1896_35

 時計をみると18:00。おじさん達がごそごそと何かしています。覗いてみると、、、

Img_1897_35

ゲートの閉まる時間だったんですね。

そんな訳で、乗鞍高原とはお別れ。来年またお願いしたいです~

▼ペンションのりくら
 http://www.azm.janis.or.jp/~norikura/

 良かったですよ~みなさんも如何?

« 夏休み(その1) | トップページ | 夏休み(その3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや~早いっすね~!ブラボー!
チャリの軽量もあるのだろうけど、日頃の練習の成果ですねgood
ところで、何時の間にクランクやスプロケットの交換したのですか…?本当にドップリですね…happy02
レポートみたら、私も来年あたりにはチャレンジしてみたくなりました…願望だけですが…(汗

それにしても、楽しく家族サービスできて、趣味も充実で、素敵な夏休みになりましたね。

そうそう、番所大滝の写真はGoodShotですねscissors

っていうか,ほんとに痩せましたね.

消化管の検査などした方が・・・ウソです.

あたしも来週はン年ぶりに実家に行こうと思っております.噂の江戸川CRなど走ってみようかしら.・・・山じゃないけど(爆)

takezo!さん>
タイムは遅いんです(^_^;)
早い人で一時間チョットなんですよ。
今回は時間は気にせず登ることだけ考えてました。来年は一時間半を目指します。

コンパクトクランクは8月2日
カセットとホイールは8月4日
と乗鞍にギリギリ間に合いました。
もういじるとこはなくなりました。

とよださん>
まだまだ痩せますよ〜
消化管は多分大丈夫。痩せるくらいだと末期でかなり痛いハズ。今、痛いとこは無いで〜す!
今月は坂月でしたよね(゚-゚)
江戸川CRは興味あります。ぜひインプレお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休み(その1) | トップページ | 夏休み(その3) »