« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月22日 (日)

2009/3/15(日) BRM315千葉200km 完走しました

 3/15(日)開催された『BRM315千葉200km』に参加してきました。

  距   離:204.6km
  時   間:08:05:07
  平均速度:25.3km/h    最高速度:62.4km/h
  平均心拍数:149      最大心拍数:242??
  消費カロリー:3,776kcal
  累積距離(月間/年間): 204.6km/716.2km

 このイベント、昨年の春は体調不良でDNF、秋は弔事でDNS、とちょっと巡り合わせが悪いイベントでした。3回目の正直って感じで、今回は11時間33分で無事完走することができました。

 4:45。とよださんが自宅までお迎えに来てくれました(ありがたやありがたや)。3月中旬とはいえ、この時間はまだまだ寒い。
 途中、自走で現地に向かう1000km大魔王を発見。そのままピックアップです。良かったですね。

 仲間うちからは5名が参加だったのですが、6:30、7:00に分かれてしまったので、我々6:30組がゆっくり走りPC1で待ち合わせすることになりました。(これをすると公式記録が30分遅くなってしまうことなど全く気にしてなかった。)

 掲載写真は、自分で撮ったもの以外に cycさんブログおよびBRM千葉のPHOTOから拝借させて頂きました。ありがとうございました。

Cimg0160_35
↑6:30スタート組のグリーフィングの光景

①スタート(袖ヶ浦海浜公園)~PC1(富津)
 袖ヶ浦海浜公園⇒君津市街⇒マザー牧場⇒PC1(7-11富津更和店)

 そんな訳で、6:40頃ノコノコと とよださん、cycさん、房総族 の3名でスタート。

Imgp0810
↑とよださんと房総族。スタート直後(袖ヶ浦海浜公園にて)

 他力本願で臨んだあたしととよださん。キューシートを不携帯でした。コースをうろ覚えだったこともあり君津市街でちょっとだけ迷いかけましたが、cycさんがキューシートを持っていたおかげでなんとか迷わず抜けられました。良かった良かった。

 鹿野山は何度も登っている。皆、斜度はさほどないので問題なしと言うが、あたし的には何回登っても辛いもんは辛い。ただ、今回は体力温存のためセーブするcycさんと一生懸命登っているあたしが同じくらいのスピードであったことがわかりました。(^_^;)

Dvc00009_35
↑とよださんと房総族(マザー牧場山の上駐車場前にて)

Dvc00008_35
↑とよださんとcycさん(マザー牧場山の上駐車場前にて)

 この後、ぴゅーと鹿野山をおり、最初のチェックポイント セブンイレブン富津更和店に到着。ここで買い物をし、そのレシートが通過を証明するための証拠になります。

 200kmは長丁場。きちんとエネルギーを補給しなければ後半バテてしまいます。あたし的に考えた結果、やはり腹持ちが良くゆっくり消化してくれる米。これがベスト!! あと何時間後の為に補給時はおにぎりを食べることにしました。

 ここで7:00出発の F3さんと100km大魔王さんを待つ。F3さんは我々の到着後10分くらいで到着。しかし大魔王さんが来ない。F3に聞いてみると鹿野山の下りでパンクしたと。。。待つしかないので、しばらく待つが来ない。20分以上待って、とよださんが救援に向かうが、ほどなくして到着。チューブラーの補修セットで修理したが、すぐにまたパンクしてしまい、結局タイヤを交換したと。。。。でも走れるようになって良かった良かった。

②PC1(富津)~PC2(白浜)
 PC1(7-11富津更和店)⇒もみじロード⇒しいたけ村⇒三芳⇒PC2(7-11白浜滝口店)

 更和を出発するとすぐに『もみじロード』。ここはオートバイでは良く走った道。いまでも仲間はぶっ飛ばしているらしいが、、、、オートバイで走っていると気がつかないが、結構細かいUpDownがあるんだよね。
 昨年の千葉200kmのとき、あたしは鹿野山でエネルギーを使い果たし、もみじロードではヘロヘロになり、皆から千切れてしまったんですよね。今年は、元気にオールアウターで走り抜けることができました。少しは進歩があったかな。ちょっとうれしい。。。。

 その後、しいたけ村を抜け三芳町へ。

Dvc00006_35
↑道の駅『』にあるBINGOバーガー

Imgp0831

 去年はここでBINGOバーガーを食べたんだよね。BINGOバーガー回転は11時。ホントはそんな時間までここにいては時間的に厳しいのです。そんな訳で10時30分にはここを出発。

 ここからしばらく平坦が続き、PC2の手前で少々お山があります。
 やはり去年はこの峠道で皆から千切れてしまい、PC2到着は最後だった。今年は終始先頭を引いてしまった!このあたしが?あり得ないよね~。でもホント。

③PC2(白浜)~シークレットPC(鴨川有料道路パーキング)
 PC2(7-11白浜滝口店)⇒千倉⇒フラワーライン⇒鴨川市街⇒シークレットPC(鴨川有料道路パーキング)

 PC2の手前で頑張っちゃったせいか、走りだすと両膝の裏側に痛みが。。。。まだ100kmいっていないんだけどな。気のせい気のせいと誤魔化しながら走る。完走できるかちょっと心配になりはじめる。。。

Imgp0832
↑とよださんと房総族。千倉付近

 千倉のコンビニに到着したそのとき、チェーン落ち。おや?!何か変だぞ?良く見ると、蛇のように一本になって地面に落ちている。どうやらミッシングリンクが外れてしまったようだ。
 とよださんに手伝ってもらい落ちたミッシングリンクを探すがひとつ見当たらない。昨年のこのインベントDNFだったあたし。再びその三文字が頭をよぎる。
 探すこと5分(これは長く感じた)。無事カタわれを発見し、またまたとよださんに手伝ってもらいチェーンを繋ぎ合わせ元に戻りました。ホント良かった。一瞬どうなるかと思いました。。。。ミッシングリンクも予備を持ち歩かなきゃダメだね。(反省)

 フラワーラインを走っていると、後ろからH大学の自転車部が抜かしていく。一旦は抜かれたが、大魔王さんが鬼引きし追いついてしまう。(どうも相手は練習後のダウンだったようだが…)鴨川までご一緒。おかげでこの間ave38lm/hくらいでしたよ。ブルベでこのスピードはあり得ないッス。

Dvc00004
↑鴨川フラワーセンター付近

 とうとうやって来ました!鴨川有料道路。今回はここのパーキングエリアがシークレットPCでした。

Dscn0161_35
↑cycさん

Dscn0165_35
↑房総族

Dscn0166_35
↑1000km大魔王さん

Dscn0167_35
↑とよださん

Dscn0091_35

Dscn0169_35
↑チェックを受けるとよださんと大魔王さん 

Dscn0100_35
↑シークレットPC恒例のスープ  

④シークレットPC(鴨川有料道路パーキング)~PC3(養老渓谷)
 シークレットPC(鴨川有料道路パーキング)⇒三石山⇒亀山ダム⇒PC3(養老渓谷太田商店)

 鴨川有料道路を抜けると、すぐに三石山。ここは斜度も少ない登りなのだが、疲労した身体には結構きつい。無理せずゆっくり登りました。
 その後R465に沿って進む。ここも意外とUpDownがあり辛い。養老十字路を抜けるともうすぐ太田商店。『この坂を下って少し登れば太田商店ですよ』とcycさん。その言葉に力を取り戻し、力を振り絞ってなんとか太田商店に到着。

 完全にエネルギー切れ状態のあたし。名物のコロッケとパックの白飯で充電。美味かった~。

⑤PC3(養老渓谷)~ゴール(袖ヶ浦海浜公園)
 PC3(養老渓谷太田商店)⇒高滝湖⇒丹原林道⇒東京ドイツ村脇⇒ゴール(袖ヶ浦海浜公園)

 さて出発と立ち上がろうとすると股関節やら膝やら、腰やらあちらこちらに痛みが。。。やっとの思いで自転車に跨るが、痛くて力が入らない。少し我慢して漕いでいるとなんとか痛みがなくなってきた。なんか休憩するたびにあちらこちらが痛くなっていく。練習不足なのか?年なのか?

 そこからはちょっと千切れ気味に高滝湖、高滝ダム方面へ。ここまでくると、もう時間との勝負。あと1時間くらいを痛みと疲労の我慢比べ。

 そして、最後の難関『丹原林道』。とりつきはいきなりの10%を超える登り。ゆっくり登ります。とよださんとふたりで気持ち良く千切れました。

 丹原林道を抜けるとあとはほぼ平坦。東京ドイツ村の脇を抜け、最後の力を振り絞って走る。途中、高速道路をくぐると富士さんに日が沈むのが見え、プチ感動。

 平成通りのちょい坂を登り、信号を左折し坂を下るともうすぐ袖ヶ浦海浜公園。自然と力が入る。

 ゴール目前、cycさんがスプリントポイントは?なんてことを囁く。自分的にはもうそんな力は残っていない。『いや~もうそんな力残ってないっすよ』そう答えたんですが、、、、、なんか受け狙いでやってみるとかと思い直す。。。。あと1km以上残したところで無謀なスプリントを実行。何人かついてきたようだった。もう後ろを振り向かず渾身のペダリング。
 丁字路を右折し直線に入る。ここで後ろを振り向くと100mくらい遅れて2台のライトが見えた。もうホントに最後。一生懸命漕ぐが40km/hそこそこしかスピードがでない。

 なんとかそのままゴール!時計をみると18:03。意外と早く帰って来れた。日没とはなっていたが、まだ少し明るい。

Dvc00002_35
↑袖ヶ浦海浜公園から富士さんとアクアライン

 海っ端までいくと富士さんとアクアラインがくっきり見える。写真をとったけど、富士さんは解らなかった。。。ちょっと残念。

 そんなわけで念願の完走を果たせました。その原動力は仲間。一人では絶対途中でめげてた。一緒に走ってくれた、とよださん、cycさん、F3さん、大魔王さん、ホントにありがとうございました。感謝感謝です。

 来月300kmがありますが、またよろしくお願いします。

2009年3月12日 (木)

初恋の人からの手紙

マイミクさんの日記で見つけた。流行っているらしいけどみなさんご存じ?

http://letter.hanihoh.com/

やってみたら、こんな↓結果になりました~!
試しにやってみると楽しいかもね?


ひろくん、ひさしぶり。
今でもポニーテールに執着していますか?「ポニーテールじゃなきゃ女じゃない」と毎日私に言っていたひろくんをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にひろくんが「好きだけど別れなくてはいけないときもある」などときれいごとを並べてお別れすることになったあの日から、もう29年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、何か伝えたいことがあるとか用事があるとかではないんです。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけなんです。ふふ。

思い返してみると、あのころはひろくんはとても優しくて、大人びていたなぁと思います。私は素直になれなかったから、平気で「ひろくんはどうせ胸さえ大きければいいんだよね!」なんて責めるようなことを言ったけど、ひろくんは「そんなことはないよ。カラダ全体が大事だよ」って優しく諭してくれたのを覚えています。少しヒドイと思ったけれど今でも心に響いています。

私はともかくひろくんにとっては初恋の相手が私だったんですよね。そうそう、最初のころのひろくんは、手をつないだときに手汗をびっしょりかいていましたね。家に帰ってからすぐ洗ったけど、ひろくんが幸せそうだったからそれでいいんです(笑)。

ひろくんは付き合った当初から思いやりに溢れていて、「一生おれについてきてもいいよ。女はおまえ一人でいいから」と言ってくれましたね。何様かと思いましたが、すごく嬉しくもありました。その後、結局何人にそのセリフを言ったんですか?それからのこと知りたいです。

恋愛を総合的に考えれば、私はひろくんと付き合えてよかったなぁと思います。当時は少し恥ずかしかったし疲れたけれど、私が男性のように強くなれたのも、ひろくんがどこか頼りなかったおかげだと思っています。

いろいろ書きましたが、私はひろくんのことがそれでも好きでした。これからもひろくんらしくいられるよう、そして当時のように武器屋になる夢をあきらめないで(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. ひろくんが誕生日にくれた下着、そろそろ捨てていいですか?

2009年3月 9日 (月)

GIFT

 本日は所用で会社はお休み。。。。。が腰痛が酷く、予定したことができずにかなりショックな一日になってしまいました。やばいなぁ、今週どっかでお休み貰わなきゃ。。。

 最近、ゴムバのお友達からカラオケで歌って欲しい曲があると言われ練習している曲があるんだけど、聴けば聴くほどいい曲で大好きになりました。北京オリンピックのイメージソングとかで使われていたらしいです。

↓ミスチルのGIFT

http://www.youtube.com/watch?v=d1_7-xtlNEU

 KEYは高いし、ミスチルらしく変則的な歌詞の乗せ方ということがあり、かなり苦労しました。。。。。しかし、練習の甲斐があり、やっと歌えそうな気がして来ましたが、、、、、たぶん150%くらい気合い入れないとうまく歌えないかなぁ。最初からは無理。たぶん何曲か歌って声が出るようになってからでないとね。。。。

 カラオケはストレス発散ができてとっても良いですよね。次に行けるのはいつだろうか????

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »